それから

夫は夫自身で前向きに治療を続けている。


カウンセラーの先生の指示により

スマホのカメラにはロックをかけ、解除パスワードは私が設定。

社用スマホのレンズ部分にシール。

GoPROは私が保管。

他の古いコンデジなどはまとめて売るor廃棄予定。

一眼レフは持ち出し時にすぐに分かるのでそのまま。



スマホのカメラアプリの制限は恐らく大丈夫。暫くしたらパスワード更新しよう。


社用のスマホが少し不安。

剥がせば分かるシールらしいが、何とでもなるではないか。

と、疑う自分にもしんどさを感じる。


あと、スマホのカメラに制限がかかっている事が人にバレたら怪しくないか?

壊れてるとでも言うのか?

まぁ今まで十数年間、盗撮自体を隠し続けれていたのだから何とか切り抜けるのだろうが。




夫は今まで通りの態度だし、私も夫への愛情がなくなることはなかった。


信頼度は下がったままだ。


懸念していたことが少し実現した。


そのことで彼を攻撃するような思いが出てきてしまった。

喧嘩の時や不満が溜まった時

「盗撮してたくせに」と

一瞬頭の中をよぎる。

口には絶対出さないように注意しているが。

思っていたらいつか言ってしまいそうでこわい。

一瞬思って、思い直すことはできても、

出た言葉は無かったことにできない。



夫のことを好きな気持ちと、

好きなのに全幅の信頼を寄せられないというギャップが

とても苦しい。



解決策はないと思うのだが、

せめて感情的に乗り切れるように

夫からの今まで以上の愛情表現が欲しい。


夫いないとさみしいなあ〜 なんて、軽い感じで言っているけど、

図太くあろうと努めているけど、




妻はつらいよ。

(´・ω・`)

夫の愛情で救っておくれ。