被害者の立場

被害者の人たちに申し訳なかった。


私自身も過去に、他人にスカートの中を覗かれたり、変質者から電話が掛かってきたり、声を掛けられたり、などということが何度かあった。


とても気持ちが悪く、恐怖だった。


本当に怖いのだ。

男性からしたら "覗くだけ" "声を掛けるだけ" かもしれないが、


そのような変質的な行為を平気でする人は何をするか分からない

ターゲットにされている

力では到底かなわない


というように身の危険を感じるのだ。


そうでなくとも、知らないところで盗撮されていた、なんて気持ち悪すぎる。



そしてそれを、この世で一番信用している夫が、結婚前から付き合って十数年一緒にいてなお今でも仲が良いと思っていた彼がやっていた。



被害者の人たちに申し訳ない。

夫の保身(ひいては私の保身)のためにこの事実を露呈することが出来ない。

土下座して謝って周ることができない。

せめてこれ以上被害者を出さないために、夫には治療を受けてもらい二度と同じ事をさせないようにしなければ。



過去、私が変質者に声を掛けられた時などに、夫はとても心配してくれた。


その変質者と同じ事をやっていたのだ。


もし、私が他人や知り合いに夫がやっていたような事をされていたら、許せるのかい?

あなたは、一緒になって怒ってくれるような人だろう?


見つからなければ大丈夫、というような事ではないのだ。

そして、あなたはツメが甘い人だからいつか必ず見つかる。

現に、妻に見つかったではないか。



必ずやめさせてやる。