動揺、情報収集

その場ですぐに夫にLINEした。

一瞬伝えるのを戸惑ったけれど、写真フォルダには別の日に撮影したものもあった。

常習的にしていたのだ。


今 この瞬間にも しているかもしれない、

捕まるかもしれない。


そう思うといてもたってもいられず

「犯罪はやめて下さい」

と送った。


「はい」とだけ返ってきた。


とぼけられるかも、と懸念していたが、認めた。

話が早く進むな、と思うと同時に、認めた事実に悲しくなる。




夜、夫が帰ってくる時間まで、家のことは何も手につかなかった。


ただただネットで情報を漁った。


まずは私自身の心と感情を少しでも整えなければ。夜の話し合いに向けても。


感情的にぶつけて解決するようなことではない。


夫のやっていることは犯罪で、被害者もいて、周りの人をずっと欺いていた

そう考えると涙が止まらなかった。

一刻も早く止めてもらいたかった。



ぼろぼろになりながら、まずは

「夫  盗撮」

で検索してみた。

混乱していて検索ワードがよく分からない。


でも同じ境遇の人は出てきた。

知恵袋や心療内科?カウンセリング等のサイトをざっと読んだ。



最初は自分のためのカウンセリングを探していた。抱えきれないと思ったからだ。

ただ、色んなサイトを見るうち、私ではなく夫にこそカウンセリングが必要なのだと理解した。


参考になった情報は以下の点。


1.盗撮は治療が必要なもので病気だということ

2.自分の意志ではやめられないこと

3.家族としては、ネットなどで盗撮について調べ過ぎないこと(不安が増大するので)



この情報を得て納得した部分があった。


夫は、人当たりも良く、他人の事を人一倍思いやれて、気遣いのできるとても優しい人であるのだ。

妻としての贔屓目なしにしても、会った人から好かれるタイプで、「育ちが良い」とはこういう人なんだと思う。


思いやりもあり理性が働かないような人ではないのに、なぜ自分の欲求を優先させ犯罪行為に走っているのか。

普通に疑問だった。



依存症のようになって自分一人では止められないところまできているのではないだろうか?